春染めし夢、見醒めぬ華

有言(未)実行
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

避けろ!ウラー!!

無題


さぁ始まりました博物王イベント!!


今回は変な前置きも無しに、いきなり本編スタートです。

ただし、書くのはミニゲームの方だがな!!

だって博物王集まんないんだもん!!
そして今回も長いぞ!覚悟しろ!!




しゅぴげーむまん


さて、本日から始まった博物王イベントサバイバルミニゲーム

いつものシュピゲルマンではなくシュピゲームマンという、何となく無理やり感が否めないヤツから届くクエストを受諾すると、専用マップに飛ばされるという仕組みです。

メイプルマーブルの時もそうでしたが、最近メイプル内でやたらとサバイバルって言葉を見かける気がします。流行ってるんでしょうか?
昔 投げと斬りのスキルにも『サバイバル』なんてのがありましたが、アイツは今何処にいるのやら。




会場

何かしら引き連れてるトレーナーがいっぱい!


ドラゴン、ドラゴン、狐、キノコ・・・

頭の上にミミズク乗せた奴や、挙句の果てには手のひらサイズの女の子連れた謎紳士まで。貴様っ!そいつは無期限かっ!?

最近のSAO報酬ボックスからは拡声器ばかり出てくる上、使い道が無い。無期限ユイ持ってる奴に投げたい。



さてさて 話は戻ってミニゲームについて。
会場に飛ばされて一定の人数が集まると始まります。

ミニゲームは全部で4つ。1つ1つのゲームで得点が付いていき、4つ目のゲームが終わった時点で累計得点が一番高い人が優勝、という流れ。



百聞は一見に如かず、まずは試してみるのが一番です。



すないぴんぐ

ミニビーンスナイピング
 指定された色のミニビーンを打ち落とすと点数が入る。怖い。


ピラニア

ピラーニャ避ける~ニャ
 腹を空かせたピラニアが襲い掛かってくるので、ひたすら避ける。一度でもピラニアに当たってしまうと、即アウト。怖い。


爆弾

爆弾回し
 SAOタイアップといい、これといい、最近やたらとデスゲーム推しな気がする。例にもれず、こいつも怖い。

・・・え?説明?やってく内に解るさ!




そして4つ目・・・最後のゲームがこれ。



弾幕薄いよ!

隕石避け
 弾幕ゲーム。超楽しい。



こんな感じのミニゲームなのだが・・・正直言って、どれも楽しい。楽しいが・・・


個人的には、隕石避けが楽しすぎる。





さて。ここまで読んできて、こう感じた方もいるのではなかろうか。

『今回の記事・・・なんか真面目っぽくね?』



そう。この記事は、いつもみたいに腹どころか脳の足しにもならないようなネタ記事ではない。

今回はこれらミニゲームで、何を念頭に置いてプレイすればいいか・・・


要するに攻略法を書いていこうと思う。


どうだ!これで「メイプル ミニゲーム 攻略」なんてキーワードで検索したら、このブログがヒットするはずだ!
これで訪問者数が少しでも増えれば・・・なんて俗っぽい考えを頭の片隅に置きながら、割と真面目にコツとか書いていこうと思う。


という訳でLet's サバイバル!!前置きの長さはいつもの事だ!


続きからどうぞ。



さて、ここで早速ぶっちゃけさせてもらうのだが・・・



実は4つ目以外攻略法なんて書けねぇ!



「メイプル ミニゲーム 攻略」なんてキーワードでここに来た人はすぐに戻れ!時間の無駄だ!!

まぁ、4つ目のゲームのコツとかが知りたいんDA!!なんて人は、残ってもらえるとありがたい。
あと、攻略法と言えば聞こえはいいが、これから書くのはいくつかの「コツ」だからな。いや、申し訳ない。このいい加減さはいつも通りだったよ。



さて、では4つ目のゲーム・・・隕石避けについてだが・・・

まずは遊び方を簡単に書かせてもらう。




避けろ!


避けろ!




これだけだ。最後まで避け続けて、生き残ればお前の勝ちだ。
これがこのゲームの楽しみ方。極めてシンプルかつ、好きな人にとってはこれ以上ないくらいの腕の見せ所。


弾幕ゲームという言葉を聞いた事はあるか?

シューティングゲームのジャンルの1つだが、他と違うのはその「圧倒的な弾の密度」


画面を埋め尽くすほどの弾を回避しながら、先へと進んでいくゲームだ。この隕石避けも、一種の弾幕ゲームと言えると思う。


弾幕ゲームという言葉を初めて聞く、という方もいるだろう。
そんな方の為に、画像を用意した。大体こんな感じだと思ってもらえれば良い。













弾幕
(東方地霊殿 作:上海アリス幻樂団 ZUN)


この状態から、




th006.jpg


こうなる



え、密度そうでもないって?

では別の画像をご覧ください。



th020.jpg


こういう感じだ。


え?そんなに密度濃くないって?

うるせぇ!俺にはこれが限界だ!!



他にも「怒首領蜂」や「虫姫さま」といった名前の弾幕シューティングゲームは存在するのだが、自分はやった事が無い。密度がエグイと聞いた事があるので、ドMで興味のある方は是非苛められてきてはどうだろうか。



さて、話を戻してミニゲーム


この隕石避けも、一種の弾幕ゲームだという事は先ほど説明した通り。
この記事を見ている人の中に弾幕ゲーム上級者がいて、「え?これが弾幕???」なんて反応が来るかもしれないが、そこは触れてはいけない部分だ。頼む。


で、この隕石避け・・・クリアするにあたって一番重要なのは、


当たり判定を知っておくこと


これが一番重要だと思う。他にも「視野に入れとくべき範囲」とかもあるかもしれないが、正直これは慣れてからでもいいと思う。
※あくまで弾幕ゲーム初心者から見た意見なので、あしからず。


このぐらいの隙間ならくぐれる、とか

この密度じゃ避けれない・・・スキルを使おう、とか


的確な判断をするには、まずはこの「当たり判定」を知っておくのが重要になってくる・・・はず。
ちなみに当たり判定とは、「被弾判定がされる範囲」の事。

例えばサッカーボールが自分の顔に向かって飛んできたとすれば、その当たり判定は「サッカーボールの大きさ」と「自分の顔の大きさ」

「サッカーボール」が「自分の顔」に当たれば被弾と判定されるので、


「サッカーボール」が「自分の顔」を逸れれば、もしくは「自分の顔」を「サッカーボール」の軌道外に持っていけば、回避した事になる。


すっごい分かりにくいかもしれないが、要約すると「当たらなければどうという事は無い」
わぁすごい!台無しになったよ!


という事で、まずは隕石の当たり判定と、自機(キャラ)の当たり判定を。
そしてキャラのどこに当たれば被弾判定がされるのか、検証という程ではありませんが、やれるだけやってみました。



隙間2 行動2

まず、序盤の隕石の密度はそんなに濃くないのでさほど問題無いでしょう。
(こんな事書く時点で攻略なんてあったもんじゃないがな!)

画像でも示してますが、この場合はただ↑に行けばいいだけ。ただし、隕石の落下速度はどれも一緒という訳ではないので、このまま↑に行ったら、更に上から猛スピードで隕石が落ちてきた、なんて事もあるかもしれません。そこは後ほど説明しますが、「視界に入れておく」という事で。






隙間1

ゲームが進むにつれて、隕石の量も増えてきます。
黄色い斜線でも示してますが、この場合はくぐれる隙間は2つ

ただ、左の隙間はミスる可能性が。

十字キーの左と上を器用に同時押しして、スタイリッシュに抜けるのか(Aルート)
1キャラ分だけ右に移動し、そのまま↑に移動して抜けるかは自由でしょう(Bルート)


少しだけ下に移動してから、余裕を持って行動するのも手です。これも後ほど説明しますが、ここでは「画面の中央~上部に陣取れ」と言っておきます。


行動1






さて、ゲームが更に進むと、当然隕石の量も比例して増えていきます。

これはどうでしょうか?どこがくぐれるか、ちょっと考えてみてください。



3-1.jpg





























はい、ではここで答え合わせを



まぁ、くぐれない所は一目で分かっていただけたのではないでしょうか?

3.jpg


赤い斜線部分で示した所は、おそらく被弾するであろう場所

黄色い部分は、くぐれる所と、抜ける際の安全ルート。

しかし、画像右側(隕石に挟まれてる部分)は難易度高(のような気がする)

さっきも書いたが、隕石は1つ1つの落下速度が違う。
ので、右側の隙間は、この後埋まってしまうかもしれません。そこは静止画じゃ分かんない部分ですね・・・。


ちなみにこの上部分の隙間、さっき「おそらく被弾する」と書きましたが、
別の回で、同じくらいの隙間が出来たので試してみたところ・・・




被弾した!


あぁ、やっぱりダメだったよ


結論としては、キャラクターと同じくらいの隙間ならくぐれるって事だと思います。




さて、ここまで隕石の当たり判定について長々と書いてきましたが・・・

では、キャラクターの当たり判定はどこなのか?キャラクターのどこに当たれば、被弾と判定されるのか?


頭?体?それとも体全体?
装備で一部突き出してる所とかは大丈夫なの?



実際に検証(という程でも無い)してみました。


まずは、いつもの状態で。
つまり、140装備を着けただけの状態で。




降下


まずは、上から隕石に触れる形で被弾
キャラクターのに隕石が触れる事になるのだが、しっかり被弾判定された。




jousyou.jpg


次に、下から上昇する形で隕石に接触。
隕石には頭から触れる事になるのだが、こちらもやっぱり被弾判定された



という事は・・・?


えーと、どういう事なの?足でも頭でも被弾するって事は・・・
キャラクターの全身が被弾判定の対象になっている?


ドッジーボールみたいに 顔面セーフ! 的な判定は無いのでしょうか。

よし、なら今度は隕石の真横から試してみよう。


hidan.jpg


当然の事ながら、被弾


うむ、誤差はあるかもしれないが、キャラクター全身が被弾判定の対象になっていると考えていいだろうな。



では今度は、装備毎の形状は影響するのか、調べてみよう。


装備なし


装備全く無しの状態は、感覚的にはさっきと変わらなかった。

ちょっと周りの視線が痛かったくらいで、当たり判定には変化無いだろう。



では、装備をちょっとボリュームあるものに変えてみたらどうだろうか?


装備アリ


ティベリアン(赤) \20,000
魚の銛 \150,000


正直こんなものに金かけたくないし、かける日が来るとは思ってもいなかった。
それもこんな理由で、こんなレベルになってから。

童心に帰るとはこの事か(全然違う)





着弾検証


お分かりいただけるだろうか。


帽子にめり込んでるが、被弾はしていない。
そして下側の画像では、この直後被弾した。


以上の事から、装備の形状は被弾判定の対象にはならないと判断できると思う。
しかしまぁ考えてみれば当然である。掠ってボロボロのビリビリにはなってそうだが、被弾はしていないのでゲームとしては良し。服が破けるなんて、メイプルにそんなサービス求めてない。なお最近では被弾・・・というより中破したら服が破れるっていうブラウザゲームがあってだな・・・。



さて、これで当たり判定に関しては十分だろう。
結論としては、

・キャラクターと同じくらいの隙間があれば、抜ける事が出来る。
・キャラクターの全身が被弾判定の対象。
・装備は着けても着けていなくても関係無し。別に避けやすくなったりはしない。
・避けてる最中に攻撃キー押したら、しっかりと武器を振る。なお隕石は弾けないもよう。



こんなところか。



さて、では次の議題に移る。長くなるな、すまない。反省はしていないんだ。

これから書くのは、先ほどもちらっと書いた「視野」と「主な行動範囲」


まずは視野について。


弾幕ゲームの用語に、「気合避け」という言葉がある。
文字通り、飛んでくる弾を「気合で」避ける行為。

弾幕ゲームは行動のパターンを組めば楽に避けられる場面もあれば、パターンを組めない場面もある。
気合避けは主に、パターンを組めない時に使われる避け方。


平たく言えば、どう来るか分かんないからアドリブでやってしまえ!行き当たりばったりだ!ってな感じ。


で、このメイプルミニゲーム・・・の中の隕石避け


これ、パターン組めると思いますか?

自分だったら「無理だろ」と答えます。いや、パターンあるにしても何パターンになるんだよ、と。こうなったらもうアドリブで避ける方が良いわ!と。


と、そこで用いられるのが気合避け

で、その気合避けで重要になってくるのが、先ほども言った「視野」


言ってしまえば「視野を広く持った方が良い」となるのだが、それが出来るならやってるわ!ってのが弾幕ゲームでよくある事。

高密度の弾の嵐の中で画面全体を見る余裕がある人なんて、相当な上級者です。
今回初めてこういう類のゲームをする方々は、画面全体なんて見れないよ!っていう人が殆どだと思います。


画面


基本的には、密度になれるまでは自分の周りだけ見ておけばいいでしょう。



もう初めて!どうすればいいのか分からん!

って人は、まず視界を狭めてみましょう。
慣れてないのに画面全体を見てしまうと、余計な焦りが生まれてしまいます。


視野1

まずはホントに、自分の周りだけ見ていれば十分
視野が狭いので後に圧倒的な弾量に押しつぶされる事になっても、まずは慣れる事が先決です。


あれ?こんなに動きやすかったっけ?慣れてきたのかな?

って人は、心に余裕が出来てきてる証。少し視野を広げてみましょう。


視野2

視野が広がったので、少し先の弾を見る事も出来るはず。幸い隕石の落下の軌道は直線なので、落ちるスピードにさえ注意していれば、どんどん避けられるようになってくるでしょう。


避けれる!避けれるぞ!!フィーバァァァァァ!!!

って人は、おめでとうございます。立派なマゾヒストです。素直に諦めましょう。


視野3

ここまで視野を持てるようになれば、もう怖いものなし。
あとは逃げ場さえ確保しておけば、どんな密度の弾が来ても怖くありません。




そう、逃げ場さえ、用意していれば。





ここで重要になってくるのが、「行動範囲」

当たり判定の話でも書いた通り、「画面中央~上部に陣取れ」って事です。



自分個人の意見なんですが、気合避けは本来弾の密度が薄くなる「画面下段~最下段」でやるべきものだと思っています。


しかしそれは、弾の軌道が一定ではなく、弾幕ゲーム特有の「低速モード」を使える時に限っての話。
※高密度の弾を掻い潜るには、精密な低速移動が必須。

この隕石避けではどうでしょう?
落ちてくる速度は一定ではないものの、直線軌道で落下してくるものばかり

左上から落ちてきたり、下からいきなり出てきたり、なんて事がありません。
そして直下に落ちてくるという事は、弾が広がらない=密度・隙間が変わらないという事。


・・・いや、ある意味密度は変わると言った方がいいでしょうか。ただし、高い方に

恐らく画面下の方が密度が高いでしょう。隕石の落下速度は一定ではないので。


ならば、左右移動以外が殆ど使えない画面下段に居座るのはあまり良い判断とは思えません。


画面中央~上部にいれば、左右移動だけでなく、上下移動が使えます。
行動の選択範囲は多いに越した事は無いので、ここは思い切って下段から抜け出しちゃいましょう。



・・・って、そう上手くいくはずないじゃない!って

うん、言われるのは分かってる。だから、上部にはいなくていい。

画面中央に留まって、常に上下左右に移動できる状態にはなっておきましょう。


視野の話でも言った通り、慣れる事が重要かつ先決。
意識している内に、出来るようになってきます。

どうしても難しい!って方は、まずは画面下の方で、視野を狭く持ち、「避ける」という動作に慣れる事を優先しましょう


あんまりアテになりませんが、順番としてはこんな感じ。



最下段で左右移動のみ、基本の動作に慣れる(視野:狭い)



最下段~下段で左右移動、時々上下移動(視野:狭い)



最下段~下段で左右移動、時々上下移動(視野:少し広くなった)



最下段~中央で上下左右移動(視野:そこそこ広い)



画面中央に陣取って上下左右移動(視野:そこそこ広い)



画面中央~時々上部で、隕石を早めに抜けられるように練習(視野:そこそこ広い)



画面中央~上部で、隕石を早めに抜けきってしまう(視野:広い)



画面中央~上部で、隕石をもてあそぶ(視野:かなり広い)



画面全体を縦横無尽に、ゲームそのものをもてあそぶ(視野:画面全体)



画面全体を阿修羅の如く、チャット対応、電話対応、何するも自由。他プレイヤーをもてあそぶ視野:瞑目)



一度慣れれば、避ける事に快感を覚えるようになってしまいます。
そこからズブズブと嵌っていくのが弾幕ゲーム。

そしてシューティングゲーム・・・特に弾幕ゲームが好きです!と言ってしまうようになれば、もう立派なドMシューターです。一度ゲームを起動してしまえば、弾の嵐の中に嬉々として飛び込むようになるでしょう。そうなってしまえば、もう手遅れです。ようこそ、こちらの世界へ。


いつか友達同士で、対戦してみたいものです。
今のところ、「おつかれ!」→誰もいない のコンボばかり引いていますので・・・。


ma-buru.jpg


マーブルの再来だ!!
スポンサーサイト
「いつか友達同士で、対戦してみたいものです。マーブルの再来だ!!」という夜桜さんは、僕にサバイバルミニゲーム大会を主催しろという事ですね!?僕自身一度もやったことがないのでわからないのですが、メイプルマーブルと同じシステムなら皆さんお揃いの日ならできるんじゃないでしょうか。

メイプルマーブルはサバイバルって感じがしませんでしたが、今回はサバイバル感満点ですね。サバイバル臭がムンムンします;;

いわゆる「弾幕シューティング」。鬼みたいに弾が飛んでくる中をやってる人の頭の中身が気になっていたのですが、そういう思考回路だったのですね!参考になりました^^

当たり判定が体全体なのは、忍耐でも同じです。僕は大抵あの海賊帽子を被って忍耐やってますが装備品は被弾しません。他の人とは違うストライクゾーンで忍耐をやっておるのですよ・w・(←何のこっちゃ)
[ 2013/11/14 17:45 ] [ 編集 ]
紅茶狩人 さん>
そして主催してくださった紅茶さんであった!
わぁいありがとうございました!!楽しかったですw

うーむ、今回は確かにサバイバルだ・・・。「生き残れば勝ち」って感じですもんね。そういう意味だったら、最初の射的は平和ですねぇ。

まさか。まさか昔(という程でもありませんが)やっていた弾幕ゲームの経験がこんな所で生きてくるとは。人生何があるか分かりませんね!少しでも助けになれれば嬉しいです!w

そういえば、前に楓城の忍耐やってからなんですけどね・・・
病み付きになりました(´・ω・`) あそこのBGMも好きなので、それも相まってちょくちょく行ってたりしますw
[ 2013/11/15 19:58 ] [ 編集 ]
ミニゲーム大会楽しかったです♪
ありがとうございました~。

夜桜さんと実際にミニゲームしたとき、絶句でしたよ!(;・∀・)
あんなスイスイ避けてるひと見たことない!

記事を熟読してやってみたのですが、
やっぱり最後の方で、もう隕石だらけになると焦って
全部忘れてしまいますね~(*ノω<;)

でも隕石が一番楽しいですねw上達できるかな?w
今度また機会あれば、手本見せてくださいな・ω・
[ 2013/11/19 12:00 ] [ 編集 ]
ゆずゆず さん>
いやー組めて良かった!楽しかったです!

弾幕ゲーム、前にやってましたからね・・・最近はやってないんですが。自分で言うのもだけど、慣れてるんだと思います。
ちなみに途中参加の同ギルドの子は現役プレイヤーだったりw(現在奴に3連敗中)

記事全否定にもなりかねない発言になりますが、たぶんこれは理屈ではなくて、感覚でプレイするものだと思います。
あー、こういう動きすればいいのか・・・っていうのは、実際にクリアしてから分かるものなんじゃないかなー。
事前知識という物でもありませんが、「無いよりマシ」っていう程度の一知識として、頭の片隅の隙間にでも置いといてもらえれば嬉しいです。

またやりましょう!このイベントはそこそこ長いみたいなので、息抜きにはちょうど良さそうですね!w
[ 2013/11/21 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

探し物は何ですか
ミニプロフィール

x夜櫻x

Author:x夜櫻x

バナー作者 nekoじゃらしさん


※ポイント・WM取引について
管理人は、MTSを含む一切のポイント・ウェブマネー取引には応じません。

※宣伝コメント、及びチート/RMT業者から送信されたものと判断したコメントには返信いたしません。

コメント
カテゴリー

openclose



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。